白雪姫と蜜林檎

関ジャニ∞ 横山さんが好きです。

自分の為の関ジャニ∞クロニクル備忘録 2017年1月~

クロニクルもそろそろ3年目に差し掛かろうとしていますが、今年も自分の為の記録を続けようと思います。それだけ(笑)

初期からの企画も残しつつ、新しい企画もどんどん出てきてますね~。
個人的にフェイククロニクルがシュールで結構好きだったので復活して欲しいなぁと思ってるんですが…見返したらかなり放送初期しかやってませんね…。
割と最近の企画の中だと、なんとか成立させろ記者会見とタズラーGPをまたやって欲しいです。

…あれ、そういえば成長No.1クロニクルは…?
あ、横山的嫉妬した大賞に企画自体がシフトしたのかな。

 

では、下記2017年一覧(不定期更新予定)です。

2015年・2016年度分の一覧は此方。


2017/1/3放送

関ジャニ∞クロニクル傑作選】

 

2017/1/3放送(いきなり正月からワチャワチャSP)

関ジャニ∞がいきなりドッジをした結果 十二回目 ゲスト:生田斗真瑛太

【真実堂書店 五回目 ゲスト:又吉直樹山本美月

イケメンカメラ目線スポーツ2ndシーズン 五回目 前半戦 ジャンピング羽子板・二人羽織・ホッピングすごろく】※タイトル表記はイケメンカメラ目線で年賀状の写真を撮影

 

2017/1/14放送

【横山的思わず嫉妬した大賞 二回目】

 イケメンカメラ目線スポーツ2ndシーズン 五回目 後半戦 高速餅つき】※タイトル表記はイケメンカメラ目線で年賀状の写真を撮影

 

2017/1/21放送

【自称そっくりサスペンス 五回目】

【売名登竜門 四回目 ファイター:安田・渋谷】

 

2017/1/28放送

【もひとりおるおる 五回目 ゲスト:持田香織小杉竜一

関ジャニ∞クロニクル×破門 ゲスト:佐々木蔵之介・木下ほうか】

 

2017/2/4放送

【真実堂書店 六回目 ゲスト:大久保佳代子

【ラブスーパーマン 十四回目】

【みんだ・せつおゲーム 横山VS渋谷】

 

2017/2/11放送

【もひとりおるおる 六回目 ゲスト:持田香織小杉竜一

関ジャニ∞村上・横山・錦戸が英会話で伝言ゲームに挑戦した結果 十四回目】

【すばる&なーみ自撮りカップル動画 十回目】

【みんだ・せつおゲーム 丸山VS安田】

 

2017/2/18放送

関ジャニ∞がいきなりドッジをした結果 十三回目 ゲスト:ヒロミ

 

2017/2/25放送

【街で見つけた○○なのに○○ 一番ギャップの大きいNo.1なのにさんを探せ 八回目 北千住編】

 

2017/3/4放送

【ファボられタイムライン 一回目 ららぽーと豊洲編 ゲスト:小藪千豊

 

2017/3/11放送

 イケメンカメラ目線スポーツ2ndシーズン 六回目 前半戦 卓球スマッシュ・柔道受け身 ゲスト:オリエンタルラジオ

エゴサーチ丸山 オヒルナンデスケド!】

 

2017/3/18放送

 イケメンカメラ目線スポーツ2ndシーズン 六回目 後半戦 柔道受け身・高速パーフェクトヒューマン ゲスト:オリエンタルラジオ

【すばる&なーみ自撮りカップル動画 十一回目】

 

2017/3/25放送

【真実堂書店 七回目 ゲスト:三浦翔平・黒沢かずこ

【裏ナレーション刑事2 安田&錦戸編 ナレーション:千鳥

 

2017/4/1放送

【もひとりおるおる 七回目 ゲスト:斎藤工・千鳥

【アートキングYASU 一回目 ゲスト:三戸なつめ

 

2017/4/8放送

【もひとりおるおる 八回目 ゲスト:斎藤工・千鳥

関ジャニ∞村上・横山・錦戸が英会話で伝言ゲームに挑戦した結果 十五回目】

 

2017/4/15放送

【トガキハウス 一回目 ゲスト:山崎育三郎

 

2017/4/22放送

【真実堂書店 八回目 ゲスト:市川紗耶

【アートキングYASU 二回目 ゲスト:観月ありさ

 

2017/4/29放送

【街で見つけた○○なのに○○ 一番ギャップの大きいNo.1なのにさんを探せ 九回目 中野編】

 

『破門 ふたりのヤクビョーガミ』完成披露試写会のこと

まずはエイタメツアーの無事終了、おめでとう御座います!

メンバーもエイターもどうしても昨年のことが脳裏を過るなか、何事も無く無事にオーラスを迎えられて本当に良かったです。
同時に今ツアーのディスク化・アルバム・夏の五大ドームツアーと怒涛の三連発表されるわ破門の番宣ラッシュが始まるわ更にマルちゃんの主演映画まで発表されて情報過多で溺れそうです。しあわせ。

そんな時に今更感たっぷりなのですが、昨年行われた破門の完成披露試写会について書き留めておこうと思います。
試写会二日後の12月15日からがエイターテインメントの東京公演だったのでバッタバタで全然書き留めておく時間が無いまま年を跨いで此処まで来てしまったんですけど、滅多に無い機会だったからせっかくのなので記録に残しておきたい(>m<*)
本編内容のネタバレは一切致しません。


2016年12月13日に行われた破門の完成披露試写会。
自担である横山さんの主演映画の御披露目ということで、なんとか参加出来たらいいなぁと思っていたら幸運にも試写会へ参加させていただくことが出来ました…!!
募集が始まった頃からちまちまと応募していたのでFC枠での応募は出来なかった*1んですが当選したのは雑誌枠でした。
自宅の郵便受けに試写会ハガキ入ってたー!!!みたいな体験がしてみたかったんですけど、普通にわたしより帰宅の早かった母の手により回収され、ハガキの画像が送られて来ました;▽;(笑)
いやそれでもめっちゃ心臓跳ねたけどね!!会社で変な声あげそうになったけどね!!!

当選してから当日までの間にエイタメ初日を迎えて、しかも北海道公演が件の雪パニックだったので何かがあって試写会が中止になったらどうしよう何かがあって参加出来なくなったらどうしよう…と、わたしには珍しく気分の浮き沈みが激しくて疲れました…;▽;(笑)

そしてなんとか無事に迎えた試写会当日。
当選ハガキと入場チケットは当日窓口での引き換えでした。
今まで試写会とか自分で参加した経験が無くて(過去に一度だけ友人に同行させて貰いました)一般的な流れとかよくわかってなかったんですけど、これが普通なのかな。
しかも恐ろしいことにハガキの文面に『満席の場合は引き換え終了となります』って記載があったんですよ。
…つまり、引き換えハガキが配られた数よりも実際の席数の方が少ない…?
え、え、そんなことってあるの!?なにそれ怖い!!と不安を煽られまくったので、本当は仕事が終わってから移動するつもりだったけど朝一番にチケットの引き換えだけ先に済ませてから会社へ向かう計画に変更しました。

そうして目的地へ向かう電車に揺られながら何気なくtwitterを覗いてビックリ。
引き換え開始時間より一時間以上も前から並んでいる方々が居て、しかも列形成までされてる…!?
驚いて更に調べたら始発で並んでる方とかもいらっしゃったみたいで、もうこの時点でわたしは大分混乱していました。
認識が甘かったといえばそれまでなんですが、そんな並んで交換するようなシステムだとは思っていなかったんですね。
そんなに並んでいられる時間の余裕はみてない…とドキドキしながら成り行きを見守っていたら予定より30分繰り上げで交換が開始されたようで、わたしが到着した時には既に列は捌けていました。
どうやら早く来て並んでいた方々は席順が先着順だった場合に備えていたみたいで*2夕方過ぎでも引き換え自体は行われていた模様。
そのままスムーズに交換を済ませた入場チケットを手に、漸く実感として湧き上がってきた試写会へ参加できる喜びを噛み締めつつ一端離脱しました。

改めて開場時間に戻ってくると入場口付近が少し混み合う程度で特に何事も無く、着席後は開始時間までひたすらそわそわ。
その間に前方ステージではスタッフの方々が登壇者の位置確認などをされていました。
ちなみに先に来ていた同行者の話によると会場時間より少し前にプレス向けのイベントがあって、姿は幕の向こうで見えないものの横山さんの声だけ聞こえていた模様…もう少し早く来れば良かった!(>△<)
いよいよ開始時刻になると司会の方の御挨拶、そして呼び掛けで登壇者の皆様が登場されました。


横山さん細い!白い!!格好良い!!!(盛大な心の声・笑)
ダークトーンのスーツが凄く似合っていて、もうこの時点でわたしの頭の中はほぼほぼ真っ白。
檀上に上がる時に軽く弾みをつけてピョンと跳ね上がるような動きだったのが可愛かった~。
最初に蔵之介さんが御挨拶される時にファンの方が「蔵さーん!!」と呼び掛けられてまして、続く横山さんは「どうも、横山裕です」と名乗った後ちょっとの間があって「いや 、誰か横さーん!!って言ってくれるかなと思って」と笑ってました。可愛い(笑)
声を出す勇気が無くてごめんなさい…!(笑)
というか多分、わたし含め横山さんファンの中には横山さんの一挙手一投足たりとも見逃したくない!!という空気が流れてました(/ω\*)

この時も「そうやんなぁ?」みたいに蔵之介さんと頷き合っていて、挨拶中にも時折マイクオフで御話されていたり笑いながら軽く突っ込むように背中?腕?に触れたりしていて、その御二人の距離感から良い雰囲気の現場だったんだなぁと感じられて嬉しくなりました。
あとは司会者の方からの質問にそれぞれ答えていく際はお茶目な回答をされる登壇者の方もいらっしゃるなか、横山さんは主演という立場も気にしてか真面目に答えていて「これ大丈夫ですか?」って段々不安になってきちゃう横山さんが横山さんだなぁって(笑)
でも濱ちゃんが話す時とかはいつでもフォローに入れるようにスタンバってる感じがして先輩格好良いなって思いました。
なのに(濱ちゃんにそのつもりは無かったけど気合が入り過ぎて)上から目線で「頑張りましょうね!!」って言われちゃう横山さん(笑)
それに「はい!」って返事をしてあげられるところが大好きです。
そうそう、冒頭の自己紹介で濱ちゃんがいきなり自分の名前を噛んじゃったのも凄く微笑ましかったなぁ。そしてやっぱりサッとフォローに入ろうとしてました。
今回、蔵之介さんがいらっしゃることで年上の方を立てながら場の流れに身を委ねる?的な空気を醸す横山さんと、濱ちゃんが居ることで先輩としてフォローせな!とお兄ちゃんな顔を見せる横山さん。
どちらの横山さんも一緒に見られて凄く得をした気持ちになりました。

フォトセッションの準備の為に登壇者が一度会場外へ退場する時には、BGMのなぐりガキBEATを口ずんでいるのが唇の動きで判明。
撮影中は「手を振ってください」という指示に、初めはカメラに向かって両手で手を振ってたんだけど他に両手で振ってるのが北川景子ちゃんと橋本マナミさんの女子組だけで(笑)途中で片手振りに切り替えてたり(*´`*)
北川景子ちゃんにカメラの位置を教えて貰ってるぽい瞬間とか、合間に二人でクスクス笑いあったりしてたりとかも可愛かったな~。
勿体ないことにわたしの頭では舞台挨拶中の細かい部分まで全然覚えられてないけど、あの空間に居られたことが本当に本当にしあわせでした(;;*)

舞台挨拶自体は30分~40分弱くらいだったのかな。
そこから映画本編の上映へ。
内容は伏せますが凄くテンポが良くて面白かったです!
会話劇にクスっと笑えたりスピーディーに進む物語に引き込まれてあっという間の二時間でした。
任侠物の側面もあるので、ちょっと怖い…というか痛い?シーンもあるんですけど、そこまで耐性が無い方でも大丈夫な範囲じゃないでしょうか(でも小さいお子様にはオススメしませんので御注意ください><)
あとやっぱりエンドロールで流れるなぐりガキBEATが胸アツです!!
監督さんも制作に携わられたらしいので当然かもしれないけど、劇場版の破門のイメージにピッタリ!!!
試写会の時は軽く枠組だけ掴んでおこうと原作を四分の一程度だけ読んでから行ったんですが、説明不足感はあんまり感じなかったです。
次は原作を読破してから観に行こうとただいま原作を読み進めてます。あと残り100ページくらい。
先に蔵之介さんと横山さんでイメージが構築されていた所為もあると思うんですが、個人的には原作を読んでも御二人の演じられた桑原&二宮との違和感なく読めています。

最初に破門の発表があったのが2016年10月で、公開が2017年って物凄く先のことのような気がしたのに、もう公開まで一週間とか。早い…!!(゜□゜;)
とりあえずムビチケ何枚か買ってあるけど、最終的には何回観に行くんだろ(笑)

*1:ジャニーズwebの枠とFC枠は他媒体との重複申し込み不可だったので

*2:実際にはランダムのようでした

明けましておめでとう御座います

既に新年も五日が過ぎておりますが、年末の御挨拶も出来なかったので…。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。
マイペース過ぎて存在を忘れられている自信がありますが(笑)

昨年は後半ほぼ読み専門状態でしたが年末…というか、12月は初体験な事がいっぱいあったのでゆるゆる記録に残しておけたらいいなぁと思っています。
初めての北海道遠征とか。*1
初めての完成披露試写会とか。
初めてのカウコンとか。
エイトを好きになってから行動範囲(と行動力)が物凄く広がった気がしています。
数年前のわたしが現状を知ってもきっと信じないだろうなぁ(笑)
基本的に家に籠りがちで、ひとりの時間が好きなタイプだったりもするので。
引っ込み思案な性格が邪魔をしてなかなか交流とかも出来ていないんですけど、お話してくれる皆さまが本当に優しい方ばかりで恵まれてるなぁと思います。
本当にありがとう御座います。

12月が慌ただしかったのでお正月は比較的のんびり過ごしましたが、1月3日は色々大変でした。主にわたしの感情面が。
ジャパパパーンの予想以上のサービスっぷりにわたわたしていたらBABA嵐はまさかの最弱王だしクロニクルSPはいきなりドッジがカオス過ぎるしみんな可愛いが過ぎて涙でたヽ(;▽;*)ノ

しかもこれから破門番宣ラッシュ*2ですよね…!
いつか横山さんに出て欲しいと思っていた念願のA-Studioに、エイタメ東京公演で空気がざわつくのがハッキリ感じられた夜更かしゲスト。
雑誌の発売ラッシュは既に始まり出しているのでスケジュール帳とにらめっこ再びです。

忙しいけど楽しい!生きてるって感じがする!(笑)
ジレッタのことはチケット戦争を考えると胃が痛くなりそうなので詳細が出るまでは意識を封印しておきたい…。

2017年がどんな一年になるのかわからないけど、笑って過ごせる一年に出来たらいいなと思います。
前向き前向き!

*1:行きは空路でなんとかなったけど帰りは陸路横断でした

*2:てっきりBABA嵐も破門の告知だと思っていたらまさかのクロニクルSP枠でびっくりした

ツアーが始まりますね

書くだけ書いてアップするのをすっかり忘れていたようなので、こっそりあげておきます…(笑)

 

お久し振りです、林檎です。
すっかりご無沙汰しておりましたがいよいよエイタメツアー始まりますね!
わたしは初の札幌遠征をしてきます…!
…高所恐怖症なので飛行機にどっきどきなんですけど;
福岡にも夜行列車と新幹線で行ったくらいなのに、北海道へ行くには飛行機しか移動手段が無かった…。
新幹線も考えたけど片道10時間って結構ツライ。

 リサイタル参加できなかったので約一年ぶりのエイトのライブです!楽しみ!!!
今回のツアーは東京公演にも入らせて貰えるので怒涛の一週間が始まります(>///<*)

先日は初めてエイターさんとお食事を御一緒させていただいたりもしました(しかも横山担のお嬢様)(個人的大事件です)
このところ人の御縁の有難味をとても実感しているので、わたしも誰かに優しくできる人間でありたいなとしみじみと思う今日この頃…。

新曲のこととか最近の怒涛の音楽番組のこととか直近だとFNSの話とか、感想を言いたいことは山ほどあるんだけど色々追い付きません。
今更だけど横山さん舞台しぬほど楽しみです!!とか思ってたらヤス君も同時期に舞台ですか!?おめでとう御座います!!

思い付くままにつらつらと書いていてすみません、わたしに内容のある記事とか書くの無理だなって自覚しました。

 

明日の朝4時起きになりそうなんですけど、前日入りするのになんであんな早い時間の飛行機にしちゃったんだろう…(笑)

#ジャニオタバトンに回答させていただきました

okometokaraage.hatenablog.jp

此方の記事で紹介されていたバトンをお借りさせていただきました!
フォロワーさんとか他の方の記事を読ませていただくの凄く楽しいです。
便乗して自分でも回答してみました。
語るの得意じゃないので、ちっとも纏まってない感じですが…。

 

じゃにーずおたく自己紹介ばとん

【名前】

林檎です。


【今の担当は?(複数可)(推しでもどうぞ!)】

名前:横山裕さん

好きなところ:全部!…と言いたいところですが強いて挙げるならwebの文章やインタビュー記事での優しい御人柄が透けてみえるような発言や言葉の選び方が好きです。
鼻筋の通った美しい御顔立ちも柔らかくて甘い歌声も口いっぱいに食べ物を頬張っている姿も子供みたいな笑顔と笑い声も誰かを弄っている時の悪戯っこみたいなキラキラした瞳もみんな好き。
照れると手の甲で口許を隠す癖も顔に掛かった髪の毛の避け方も好き(笑)
俯瞰で全体を見渡している目線や楽屋では一番物静かと評されるギャップを感じられるところ、自分で一度決めた事はとことん遣り抜くところ。
大好きだし憧れるし尊敬しています。

担当になったきっかけ:これちょっと流れが複雑なので省略しますが、自分が横山担なんだなとハッキリ自覚したのは十祭@味スタ8/9での横山さんを見た時です。

でも横山担だけど全力で関ジャニ∞ハコ推しです!!
この人たちがわちゃわちゃ仲良くしてる姿が見ていたいからeighterになったので!!!


【いつからジャニヲタ?(きっかけも是非)】

2013年秋。安田担の母に布教されて見事に転がり落ちました。
それまでギリギリ嵐5人の顔と名字が一致するくらいだったのにね…。
ライブDVDも特典とかも色々見せて貰ったけど自分の中で決め手になったのは関パニなのでバラエティから入りました。

snowwhite8.hatenablog.com


【担当遍歴】

担当と呼べそうなのは横山さんだけです…が、遥か昔に当時Jr.だった川野直輝君目当てでドル誌を買っていた時期がありました…。
この間、部屋の大掃除をしていたら当時の切り抜きが発掘されて懐かしさに爆発した\(^O^)/


【好きなシンメorコンビ(への思いも是非)】

これ選ぶの相当難しいですよね…だって正直エイトって誰と誰を組み合わせても絶妙な化学反応で美味しい…。
個人的に想い入れがあるのは横山さんと渋谷さんかなぁ。ヨコすば親友コンビ。
横山さんと絡んでる時にすばさんが時々見せる表情に凄く好きな表情があるんです。
三馬鹿は特別な空気感があるのでもはや聖域。
『明日はどっちだ』の復活を熱烈希望!><

それと同い年コンビの安田さんと錦戸さん。やんまー。
基本的にメンバーみんな亮ちゃんに甘いなぁと思ってるんですけど、安田さんから錦戸さんへの接し方って他の人とちょっと距離感違うよねって感じてて。
安田さんが「亮」、錦戸さんが「章ちゃん」って御互いを呼ぶ、その呼び方…というか音の響き?が好きです。


【1番心に残ってる現場】

十祭@味スタ8/9
ライブ初参加の現場でした。
スタンド席で望遠鏡も持っていなくてエイトの姿は豆粒だったけど本当に本当に楽しかった。
生のライブに参加するってこんなに楽しくて幸せな気持ちになれるんだって教えて貰った現場です。
エイトが浴衣姿で純情恋花火を歌う中で見上げた夜空に咲いた花火があまりに綺麗で、綺麗すぎて泣きそうになりました。


【初めて行った現場】

ライブとしては十祭が初参加だったんですけど、その前に関ジャニ∞の会の東京に参加しています。
母親に頼まれるままに応募した当時のわたしは倍率とか諸々全然わかってなくて、ごく普通のテンションで「当選したってメール来たよー?」と告げたら思いっきり抱きつかれました。
あんな風に抱きつかれたのあの時だけだなって思い返すだにじわじわ来ます。でもわかる。今なら理解できる。
初めて生で見たエイトに「本当にこの人たち生きてるんだなぁ…TVや雑誌で観てたそのままって凄いなぁ」と感動。あとナマ横山さんの美貌に圧倒された。


【最近行った現場】

マクベス7/7夜公演
シェイクスピア作品、難しかったけど惹き込まれました。
ギラギラした丸山さんの眼差しカッッッコ良かった…!


【次行く現場】

絶賛アリーナツアー中の現在ですがリサイタルは御縁がありませんでした(泣)
冬のツアー(まだ未発表だけどやってくれるって信じてる)こそは参加したいです…;;


【記憶に残ってるファンサ】

ファンサ貰ったことは無い…と思う。多分。
ヒルナンデス番協の時の席がまさかの横山さん真正面だったので何回か目が合ったくらい。


【好きな曲TOP3(理由もあればどうぞ!)】

好きな曲あり過ぎてとても選べないんですけど印象的な3曲で失礼します。順位は順不同です。

『Snow White』
まだ曲とかも全然覚えられてない頃に「あの曲なんだっけ?もう一度聴きたい!」ってなって探した曲。
もしかしたら一番聴いている曲かも。
旋律が静かだから溶け込む声音が際立つ感じが好き。
8UPPERSでのSnow Whiteは定期的に見返す映像です。

『浮世踊リビト』
8UPPERSの登場シーンがほんと好きで…。
出だしのすばるさんの声を聴くとゾクゾクするのですー!

アイライロ
ソロ曲でもいいのかな?
この曲、個人的に中毒曲なんですよね…自分でもなんでこんなに気になるのかよく判ってない。でも好き。
生で聴ける機会なんて無いと思ってたから関ジャニズムで震えました…。


【好きな振り付けTOP3(好きポイントも…!)】

『Dye D?』(EIGHT×EIGHTER)
もう世界観最高。全体通して好き。安田さんソロの帽子のところ。バックダンサーさんのデザインも照明の具合も何もかもが好き。

『泣かないで僕のミュージック』(8UPPERS)
イントロの部分の振りが好きです、手をパッとやるとことか足をタタン!てするとこ(語彙力)とか…!

『EJ☆コースター』(関ジャニズム)
とにかくキラキラしてて可愛い、ラインダンス(で合ってる…?)のところとか一列になってから広がっていくところとか指先を上から下げる振りとか…ひたすら細かく可愛い。

ごめんなさい、振り付けの好きポイントが1ミリも伝わる気がしない(白目)


【自分がJrになれたらバックにつきたい曲(複数可)】

『夜な夜なヨーNIGHT』(EIGHT×EIGHTER)
あの後ろを追い掛けながら籠から紙吹雪を降らす係になりたい!めっちゃ楽しそう!!


【1番好きなペンライト】

8ESTのエイトレンジャーのヘルメット型ペンラ可愛い!


【1番好きな衣装】

8UPPERS/泣かないで僕のミュージック辺りのクラッシュベロアっぽい生地のシルバーコート

EIGHT×EIGHTER/DyeD?のゴシック衣装

十祭/純情恋花火の浴衣

絞り切れませんでした…!
でも他にも好きな衣装いっぱいあるよ~><*
8UPPERSの冬歌メドレー辺りの赤チェックの衣装も可愛いし、直近だと罪と夏のマリンルックの方が可愛いすぎてどうにかなりそうだった。


【よく買う雑誌】

エイトのメンバーが載っている号限定でしか買ってないですけどザテレビジョンCOLORS。
撮影のテーマとかセットとか世界観があって非常に好み。インタビューも好き。
他にインタビュー記事が好きなことが多いのがWithとTVガイドPERSONとanan。
あと女性誌で載る時はグラビアの出来栄えがすこぶる宜しい時が多いので期待大。10月号のViVi掲載の横山さんがノスタルジックで大層素晴らしかった…!


【この映像は見て欲しい!というオススメ】

どういう属性の人にオススメするかで異なってくるので正直難しい…。
他グループが好きなジャニヲタさんなら8UPPERSと関ジャニズムのライブ映像を見て欲しいし、音楽が好きな人ならJUKE BOXのライブ映像と関ジャムのセッションをオススメしたいし、二次元ヲタ友ならE×Eのライブ映像かなぁ。
完全に一般人な友人にはクロニクルのいきなりドッジとイケメンカメラ目線陸上とタズラーGPをオススメしたい。あと関パニ。


【ジャニヲタになる前の趣味は?】

漫画・小説好きな二次元ヲタ出身(現在進行形)です。
あとアクセサリー含む雑貨や小物作り等々。この趣味が嵩じてぬいぐるみ用の横山さんのマリン衣装を作りました(笑)

f:id:snowwhite8:20160902150906j:plainf:id:snowwhite8:20160902150911j:plain


【最近気になっている子】

横山さんが何時でも何処でも気になり過ぎて他に目を向ける余裕がありません…。


【最後に一言!】

バトン懐かしくて楽しかったです、此処まで長々と読んでくださった方ありがとう御座いました~(*´`*)
他の方の回答を覗かせていただくのも凄く楽しいですありがとう御座います!

本当にあったジャニオタ的に怖い話

ひとまず先週分までのクロニクル備忘録更新しました。
こうして一覧で見ると暫くやってない企画とかもあるなぁ…そういえばTV誌で収録済みって書かれてたハーモニカマンはどうしたんだろ?

 

で、本題。
タイトルの件についてなのですが。
端的に表しますとディスクに焼いていた番組データが次々に壊れました
真夏の恐怖体験。
ジャニオタとしては幽霊より怖くないですか!!?;▽;

データを焼く段階でエラーが起きるならまだ良かったんですよ…焼いて、データ確認して(この時は普通に視聴できた)、数週間後に再生したら画面真っ黒。
ディスクに保存してある番組のうち一つでも壊れると他の番組も次々に壊れていく恐怖。
かろうじて何番組かはHDDに戻して救出できたけど結構な数のWSとか死んだよね…。
ON関係の番組はたまたま別保存してたからセーフだったけどコレ飛んでたらまじ白目になるとこだったからあああああ;;
ヨコヒナのヒルナンデスが何本か消えたのがめっちゃ泣きたい…卒業SPは救出できたのがせめてもの救いだけど!けど!
スピンドルでセット売りされてたディスクの過半数で同じ現象が起きたのでもう大ハズレを引いたとしか…。
今後は絶対に消えて欲しくない番組は予備をディスクの種類を変えてとっておこうと学習しました><
そもそもWSとかバラエティとか逃したら終わりだし放送地域の問題もあるし、こういうとこジャニオタほんとシビアだな…と身を持って震撼させられた二次元出身オタですよ。
最近のアニメってまず円盤化されないことないからさ…ネットでも観れるし。
正直お金さえ出せばなんとかなるんだ…。

愚痴愚痴した話題ですみません!消えちゃったものは戻らないし前向き前向き!
…ただしこれからは製造国はちゃんとチェックしようと思います(小声


話題を変えましてただいまリサイタルツアー真っ最中なエイトさん、御蔭様で週末ごとに流れてくるレポが多大な癒しです(*´`*)
七人わちゃわちゃ仲良しさん可愛すぎ最高か。
映像化する前提ですけどディスク発売がめっちゃ楽しみ!収録はどの公演になるのかな!ミニゲームとMCは出来るだけ収録して欲しいな!

それとONが毎週楽しみ過ぎて早くBOX買いたいな~とそわそわ(気が早い)
こういう系統の話が好きそうなパンピの友人(notオタバレ)にお勧めしたら見事にハマってくれたので毎週楽しく感想話をしています。
心理描写に重点を置く作品が元々好きなのもあって、もし横山さんが出ていなくても好きなドラマだったと思うので、このドラマに横山さんが出演してくれたことが凄く嬉しいです。
役としては中島先生がめっちゃ好き。
飴玉事件に関してはもう少し飴玉自体に意味があるのかと思ってたので若干拍子抜けしましたが(原作だともっと触れてたりするのかな?)林さんの揺れる演技すごかったです!
中島先生が6話以降も定期的に出てくれそうで良かった。

東海林先輩は美貌すぎて心臓に悪いです合掌。
オープニング映像とか、しみじみ造りモノみたいだな~と思ってしまった…。
ちなみにこれまでの放送で三大テンション上がった東海林先輩シーンは
・「お前は何だ!?」の言い方
・消火器を蹴り飛ばしたシーン
情報屋さんに煙草を咥えさせたシーン(手元しか映ってないのがポイント高)
です。
ついでに比奈子に猜疑心を向けてる時とかの目を細める仕草がホント好きでそこばっかりリピっちゃってます。
6話はこの表情が堪能できて眼福だった…。
巌さんからかってニヤニヤ~な顔も可愛い。

この流れでOFF*1の話もしていいですか。あれヤバくないですか(語彙力)
ツボ突かれすぎて悔しくなるくらいキュンとさせられてます…!
前にも書いた気もするんですけどわたし横山さんの書く文章が本当に好きなんですよね~。
言葉の選び方が柔らかくてホッとする。
横山さんの言語センスを尊敬せずにいられません。
毎日すごく忙しいだろうに色んな出来事を教えてくれる優しさにもただただ感謝。

 

そういえば先日お台場に行く機会があったのでフジテレビ本社で比奈子の七味缶を買ってきました(笑)
まだ普通にしか食してないけど(ピリっと風味が良くて美味しいですv)一度くらいは飲み物チャレンジしてみるべきか…(´v`;)

f:id:snowwhite8:20160822170301j:plain

 

ついでに賞味期限がエイトの日だったのも意味はなくてもなんか嬉しい(笑)

f:id:snowwhite8:20160822170314j:plain

 

*1:ジャニーズWEBで期間限定の横山さんの連載

夏のヨコ祭

お久し振りなのにのっけから浮かれたタイトルですみません、横山さんの『ON~異常犯罪捜査官・藤堂比奈子~』出演に浮かれきって居ります。
日々のレギュラー番組だけでもしあわせなのにこれから約三ヶ月、毎週ドラマまで楽しめるとか…!!;▽;*
番宣も色んな番組にお邪魔させていただけて雑誌掲載も盛りだくさん。
ブルームーンの時もお祭り状態だったけど今回も色んな雑誌に掲載していただいていて、エイトの新曲リリースとも重なって情報が追い切れなくなりそうなほど露出があるので嬉しい悲鳴です。*1
特にテレビ誌って発売日を逃すといきなり見掛けなくなったりするのでスケジュール帳と睨めっこに割と必死。

グラビアの横山さんのビジュアルほんと素晴らしくて感無量なんです(突然)
静止画の横山さんって作り物めいた整い具合で圧倒的な造形美というか拝み伏したくなることが多々あるんですけど動きがつくと途端に人間らしさが覗いて、その落差にクラクラしてしまうというか。
こんなに綺麗な人が照れたり笑ったり頬いっぱいに御飯を頬張ったりしている姿が可愛くて可愛くて仕方ないギャップ萌えに弱い人種です…。
インタビュー記事も、横山さんの言葉の選び方とか考え方がとても好きなので本当に嬉しくて。
このお祭り状態な日々の幸せを噛み締めて居ります。

ONの公式twitterから現場の楽しそうな様子も窺えてわくわくが止まらないのと同時に撮影に使われている血糊の量にもちょっとドキドキが止まらないんですけども…!;▽;(グロ映像が苦手…笑)
でもスポットCMで流れた東海林さん*2のシーンがめっちゃ好みで震えた。
遂に明日の初回放送が待ち遠しくてそわっそわしてます><*
いきなり初回二時間SPとか楽しみ過ぎる…!!
残念ながら今年のリサイタルは御縁が無かったんですけど、ONの御蔭でしあわせな夏を過ごせそうです。

 

罪と夏での音楽番組出演も続いていて、わちゃわちゃ賑やかなエイトを満喫できて嬉しいです♪
どの番組もそれぞれの良さがあるけど、THE MUSIC DAYのマリン衣装+向日葵はほんと可愛い過ぎた。三十路少年のマリンルック最高。
贅沢を言えば先週のMステもマリン衣装を期待してたんだけどな…!
あの一回だけの披露なのはあまりにも勿体無いので、どうかもう一度くらい何処かでお目にかかりたいものです。
音楽的なこととか何も言えないんですけど、聴いていて自然と高揚してくる曲でいいなぁと思います。
ヤス君の突き抜けるような高音が気持ち良くて堪らないです。
PVのメイキング諸々も可愛かったー!
ずっぴょーん!がどうしても頭から離れない弊害が発生してますが…(笑)

マルベスも有り難いことに観劇させていただけまして、ネタバレは避けますが凄い熱量でとても密度の濃い二時間半でした。
時折みせる眼光の鋭さにゾクッとした。
マルちゃんにマクベスを、と考えてくださった方に大感謝です。
メインビジュアルになっている写真もとても好きなんですけど、パンフレットの中の写真も凄く良かった。
以前マルちゃんが「亮ちゃんはどんな瞬間を切り取っても絵になる人」というような発言をしていたと思うんですが、それとは対照的にマルちゃんは『撮られる』意識を向けている時の被写体力が凄くある人だなと感じます。
マクベス関係の他のグラビアも素晴らしかった。求められている世界観に浸りきることの出来る人。
もっとマルちゃんのシリアスな演技がみたいなぁ。
何事も無く千秋楽を迎えられますように。

 

ところでパソコンの調子がすこぶる悪いです;;
特にはてなブログと相性が悪くて新説桃太郎の記事を書いていた辺りから二回に一回はログイン画面にすら辿り着けず、三回に一回は画像が貼れない・打ち込んだ文章も反映されない状態という…。
でも他のことは動作が重いながらも一通り出来るんだよな~と思うとなかなか買い換える踏ん切りもつかずに現状維持してます_(:3 」∠)_
そんな感じで自分の記事の更新は今迄以上に頻度が下がりそうな感じですが、他の方の記事を読む分には何も問題は無いのでこれからもそっとお邪魔させていただきますv

クロニクル放送内容一覧の更新が中途半端なところで止まっててスミマセンちょっと時間切れ…!;

*1:この二週間で購入した雑誌は10冊を軽く超えました

*2:横山さんの役名

~新説過ぎるおとぎ話~なんとか成立させろ記者会見

今日はエイトの最年少、大倉さんの御誕生日ですね!おめでとう御座います!
大倉さんが31歳…三十路少年で「俺まだ20代」と歌っていたのがつい最近のことのように感じているのに時の過ぎ去るのって本当に早いです…。
よく食べよく寝てよく笑う、八割方クマ(笑)な大倉さん。
姿が映っていない時でも場に響き渡る笑い声、床をごろんごろん転がって笑う姿にとっても癒されるのでこれからも伸び伸び過ごして欲しいです。
ぼそっと呟く切れ味抜群のツッコミも大好きです。これからもマルちゃんと仲良く喧嘩してください(笑)

 

そして大倉さんの御誕生日ということは関ジャニ∞クロニクル一周年でもある訳ですね!
七人仲良く手つなぎぶらり旅から始まったこの番組。
初回放送のナレーションで大倉さんの誕生日について触れてくださるスタッフさん方の愛を感じましたけど、一年を通してメンバーの特性を汲んだ色んな企画で楽しませていただいて感謝の気持ちでいっぱいです。
これからも関ジャニ∞という素材を存分に活かした番組作りに期待しています!

最近の個人的お気に入り企画は新説桃太郎シリーズとタズラーGPです。
あとイケメンカメラ目線スポーツのヤス君@カッパのイリュージョン*1。コレ何回観ても笑い過ぎてほんと呼吸できなくなる…!!
またクロニクルのあれこれ振り返り記事も書きたいな~と思いつつとりあえずチラっと予告していた新説桃太郎の纏めです。

 

新説桃太郎と呼んでいますが正式な企画名は『なんとか成立させろ記者会見』。
現在『新説桃太郎』*2『新説桃太郎リターンズ』*3『新説浦島太郎』*4『新説浦島太郎リターンズ』*5がシリーズ放送されているこの企画、内容としては個別の試着室で各自が選んだ衣装に着替えたメンバーが映画の制作記者会見現場に登場、そのままアドリブで記者会見を成立させる、というもの。
新説桃太郎で用意されていた役柄は1桃太郎2おじいさん3おばあさん4猿5犬6キジ7鬼です。
ポイントは誰がどの役を選んで登場するかがお互いに一切判らないところ。
結果、

 

f:id:snowwhite8:20160506135343j:plain

鬼四人とかいう事態が起こる訳ですwww

 

もうこの時点で笑うしかないしカオスの予感しかしない。出オチかよ!!
「うわ、最悪や!」「さいっあくや!!!」
大倉さんの素直な感想が響き渡ります(笑)
それぞれの選んだ役柄は渋谷:猿 横山:鬼 丸山:鬼 村上:おじいさん 錦戸:鬼 安田:桃太郎 大倉:鬼 です。

ちなみにヤス君、試着室の中で「キジかな…キジかなぁ?」って言ってるんです。
でも実際は桃太郎を選びました。
御蔭で鬼四人とかいうカオスの中でもなんとか主役不在という事態だけは免れた訳です。このヤス君の英断に心から拍手を贈りたい。

さて此処から制作記者会見がスタート。
レギュラーとしてマキタスポーツさん記者役で出演してくださっています。

「えー、我々の想像していた桃太郎と大分違うんですけれども…」

その通り過ぎる第一声、質問されたヒナちゃん耐えられなくて噴き出します。
首からかけた手拭いで口元を覆っている仕草が可愛い(笑)

「鬼は一人じゃなかったっていうところが新説だったんですね」

「たくさんの鬼を数少ない桃太郎と猿とおじいさんでやっつけようじゃないかと」

桃太郎のお供が少なかったのでおじいさんも鬼退治に出る気満々です。
もうその辺については誰も突っ込みません。
そして次の質問は亮ちゃんへ。

「鬼がかなり居ますけれども…」

「どういう気分で演じられたんですか?」

「あ、でもまあ鬼こそ四人おるんですけども。全員が強い訳じゃなくて」

丸山君演じる鬼っていうリーダーがおって。そのリーダーに仕える三人なんですね」

サラっとマルちゃんにリーダー役を押し付ける亮ちゃん。コソキドさん出現…w
いきなり振られたマルちゃんのなんとも言えないお顔がコチラ↓

 

f:id:snowwhite8:20160512234643j:plain

 頑張れマルちゃん(笑)

「だからまあ丸山君演じる鬼に一生懸命ついていくしかないなって」

「鬼と一緒に僕自身も成長していけたらなと思ったます

「思ったます?」←すかさずきっちり拾う

 「丸山さん。半ば主演だ、みたいな話も御座いますけれども。どのような事を気遣って…」

「鬼の中に鬼社会というのがあったんですね実は」

「なので鬼の格差みたいなところを描きながら、人の心に潜んでいる狂気だったりとか鬼性みたいなところを…」

「鬼性?」やっぱりすかさず拾う

「人間の中に潜む鬼性ですね」

真面目に返されて笑い出しちゃうマルちゃん。
そして質問は本来なら主役の筈の桃太郎役、ヤス君へ。

「一般的にはやはり桃太郎が主演だと思うんですけれども」

「まあでも噛み砕けば鬼メインだって気付けたんで」

「主役ではなくて桃太郎が果たす役目っていうのがあったのかなという風に」

周りのざわつきも気にせずキリっとした表情で答える安田桃太郎。イケメンです。

「と言いますと?」

「鬼の悪いところだけでもなく良心的な部分も実はあったんだ…あ、言っちゃった

ヤス君wせっかく格好良かったのにww

 

「渋谷さんに質問なんですが、たった一人のお供というのはどうだったんでしょう」

「逆になんかいいのかなって…3人でやってた時は取り合いみたいなこともあったんで。そういった意味ではかなりガチガチでいきますんで今回」

「心細くなかったんですか?」

「色々起こるんですけどずっと、やっぱ基本的には笑ってますんで」

「なんのこっちゃわかってませんので。猿なんで」

物凄く真面目な顔をして真面目なトーンで話すすば猿。
流石の目力による説得力がすごいです。話してる内容はふわっとしてるんですが。

 

「横山さん。役作りで工夫したことなどあったら…」

「僕、オネエなんですよ」

横山さんぶっこんできました。
渋谷さん笑いを耐え切れなくて後ろ向いちゃってますw

「ちなみに(横山さんが)オネエ。錦戸さんは?」

「あ、ボク一番下っ端の鬼です」

「大倉さんは?」

「僕はもうほとんど出てないんで」

最年少、堂々と逃げに走りましたww

「でも物凄い此処って時に出てるんで。インパクトは凄い強いと思います」←逃がさない最年長(笑)

「大倉さん、そのピンポイントで出るということなんですけども」

「まあ基本的には僕アクションシーンばっかりなんで」

「結構なんですかね……走り去とか」

「格好良かったけどなあ」←ダメ押し

 

記者会見もそろそろ終了か…という空気が流れ始めたところで最後の質問が。

「最初に桃太郎はおばあさんが拾うというのが定説になってますけども」

「桃はね、今回川から流れてきてないんですよ」

「水が減ったんで」

「ね」

「水が減ったんで急激に」

「温暖化で川が干上がってしまいましたんで川は出てこないです」

「そういう社会問題も反映してて」

この三馬鹿安定の連携プレイ。
更に話しながら顔を見合わせて頷き合う夫婦まで拝めます。

 「今回は普通に買いました桃を。買ったら中に入っとった」

千疋屋

「ええとこの桃太郎です」

このヤス君がサラっと言う「ええとこの桃太郎」という表現が絶妙で好きです(笑)


此処で制作記者会見が無事(?)終了と思いきや…

『2016年セイリツサセロ国際映画祭 正式出品』

まさかの予告映像が始まりました…!
ていうかセイリツサセロ国際映画祭てww
内容はちゃんと先ほどの記者会見で話していた通りの予告編です。

安田桃太郎は豪華な御屋敷で執事が傍に控える中、ステーキを食べています。
鬼が島で繰り広げられる厳しい鬼社会の鬼格差。
下っ端の錦戸鬼はリーダー丸山鬼からほんの少しの分け前しか貰えなくて見事な下がり眉です。
そんな錦戸鬼を慰めるオネエな横山鬼は金棒の持ち方も確り小指が立ってます。

 

f:id:snowwhite8:20160512234730j:plain

唇はパール入りグロス(恐らく)で艶々のプルップルです。

 

そしてクライマックス、遂に対峙する三人の鬼と桃太郎。

 

 

 

 

 

f:id:snowwhite8:20160512234803j:plain

「わあああああー!!!」

叫びながら走り去る大倉鬼www
仲間の筈の鬼達にさえ「今のなんだったん?」「さあ?」って言われちゃってます。

もう予告編を見てもサッパリ内容が予想できません。カオスです。
でもこの映画本編めっちゃ観てみたい(笑)
予測のつかない会見内容だけでもホント可笑しかったのにまさかの予告編ムービーまでとか笑い過ぎて涙出ました…!!
鬼四人とかホント持ってるよな…としみじみ感心してたんですけども。

 

f:id:snowwhite8:20160512234830j:plain

奇跡の2ペア×3

 

出オチかよ!!!(再び)*6
もう本当こんなエイトが大好きだしこんな素敵企画を考えてくれるクロニクルが大好きです(笑)

*1:2016年3月5日放送の手押し相撲の回。個人的に今年一番の笑撃画像。

*2:2016年1月9日放送

*3:2016年2月6日放送

*4:2016年4月23日放送

*5:2016年5月14日放送

*6:しかもリターンズは鬼が一人も居ないw

横山さん御誕生日おめでとう御座いました!

お久し振りです林檎です。
もうGWも終わっちゃいましたね…正直3月4月の記憶が大分ふわっふわしています。
あ、でも日々のエイト事はなんとか追えています大丈夫(?)です!リサイタル開催決定おめでとう御座います!!

横山さんの御誕生日はささやかにケーキなぞ購入して勝手ながら御祝いさせていただきました。
本当に奇跡の35歳ですね。アンチエイジング恐ろしい…というか年々若返られていらっしゃいませんかまじで。

f:id:snowwhite8:20160512221559j:plain

ナチュラルビューティー恐るべし。
触発されて最近スキンケアを頑張ったりしてるんですけどこんな透明感のある美肌になれる気は全くしません…_(:3 」∠)_
(余談ですがブルームーン関連の雑誌は本当にビジュアルが神だと思います眼福)

外見的な魅力は勿論のこと横山さんの言葉にハッとさせられる事が沢山あって、励まされたり自分も頑張ろうと奮起したり前向きな気持ちをいっぱい貰っています。
ストイックに身体を絞ったり弛まずにトランペットを練習する姿勢も本当に尊敬しかない。
しかもそれを横山さん自身が楽しみながら続けている気がするんですよね。
それがとても大事で、そして難しいことだと思う。

元々このブログは横山さん愛を書き散らかしたいという衝動から始めた筈だったんですけどあんまり横山さん関係のことに触れられていません。
結局のところ横山さんを好きな気持ちを文章に纏められる気がしないので気儘にエイトごとを書き散らかすだけの場所になりました。
特に関ジャニ∞クロニクルが楽しくて多大なる日々の癒しなのでクロニクル関係の記事がほとんどですね(近日中に新説桃太郎の記事あげたいです・笑)

 

ジャニーズ文化に則っていうのなら横山さんが担当ですが全力で関ジャニ∞ハコ推しでもあります!
横山さんが大好きで、横山さんとずっと一緒な関ジャニ∞が大好きです。
ずっと応援していたいし関ジャニ∞の歩んで行く路を支えていきたい。

横山さん御誕生日おめでとう御座いました。
今日も明日も明後日も貴方の周りに笑顔が溢れていますように。

元気が出るLIVE!!ざっくり感想

そろそろディスクの発売情報が発表されてもおかしくない頃合いですが、今更すぎる元気が出るライブの感想を纏めました。
しかしながら思っていた以上に全く纏められない自分に気付くという…_(:3 」∠)_
とにかくライブ楽しかったー!!ってことしか現在の記憶に残っていないポンコツ具合。
あと全自動横山さん追尾機能が搭載されていたのでほぼほぼ全体を観れてないっていうのもある…。
横山さんがモニターに抜かれていなくて御本人の立ち位置も遠い時は意識して全体を観るようにしようと思ってたのに気付けば視線が追っちゃってるからもう駄目だ…。
なので本編の流れに沿うことは諦めて、ざっくり項目を分けての感想を残しておこうと思います。

 

【グッズ】
今回、特にいいなと思ったアイテム二点。

・ツアーバッグ
内ポケットがあるだけで感心したのにペットボトルも収まるサイズの外ポケットまでついていて感動だし、作りも二重で確りしてるうえにモノトーンなデザインがお気に入り。
出来が良いと嵐好きな従姉妹に羨ましがられました(笑)
あからさまな主張のデザインは持ち歩けない性質*1なので、お仲間だったりロゴの文面までよく見なければ気付かれないデザインが非常に有り難かったです。
まあ一種の団体芸(笑)なので現地ではバレバレでしたけども。
ライブと無関係な場所で周囲にモロバレなのが苦手なので、今回のデザインくらいさりげないと使い易くてとても嬉しい。

・ポスター
撮影を亮ちゃんが担当*2したことにびっくり。
メンバーだからこそ撮れる自然体のみんなの姿にじんわり込み上げてくるものがありました。
カメラ目線じゃない横山さんの自然で穏やかな表情や空気の柔らかさが堪らなく好きな一枚で亮ちゃんに素敵な写真をありがとうって言いたい;m;*

他のグッズもクオリティ高いなと感じまして、個人のグッズは基本的には横山さんだけ購入してるんですけど大倉さんのクリアファイルは買おうかどうしようか本気で迷った(笑)
タンバリン型ペンライトも照明が落とされた時の色合いが凄く綺麗だったし、パンフレットも読み応えがあって嬉しかったです(監修する条件がバンダナを付録で付けることってどんだけバンダナに思い入れがあるんですか錦戸さん…!うさ耳バンダナな錦子ちゃんはめっちゃ可愛いけど!笑)

概ね満足なラインナップだったんですが個人的にはニャーッシャツのデザインでパーカーorトレーナーとか、タオルも細長いタイプじゃなくてバスタオルとかも欲しいなって思いました。
あとスケジュール帳。
景品だと当たっても*3勿体無くて書き込めないので保存用も買えるようにツアーグッズとして是非。
4月始まりのスケジュール帳なら時期的にピッタリだと思うので…!

 

【OP映像】
開演前に注意事項のVTR。
これから行われるライブへの期待を膨らませながらもクスっと笑えるアメコミ風の作りで楽しかった。
メンバーの似顔絵は似てるんだか似てないんだか微妙なところ…(笑)
開演5分前くらいって自分的にいっちばんそわそわする時間帯なので、この注意事項からそのままの流れで本編VTRに切り替わってくれるの地味に嬉しかったです。
メンバーが各会場の最寄り駅からドームまで歩いてくる映像はわたしも通って来た道だー!見覚えある!と思うとテンション上がる!!
東京ドームみたいに複数路線での行き方がある場合、メンバーが別れてちゃんとそれぞれのルートを通ってくれるのも嬉しい配慮だなぁと思いました。
歩いてる道すがらマルちゃんがカメラ構えてたり、みんなが興味深そうに会話しながら歩いてる姿にほっこりする。
そしてリアルタイムの舞台裏映像に切り替わって円陣風景、そのままステージへ…っていう流れが最高潮に気分が盛り上がる*4ので凄く良い演出!

 

【キャンジャニ登場前のVTR】
シャワー浴びに行っちゃうすばさんもお湯入れた直後にカップ焼きそば食べ始める亮ちゃんも(この部分のヤンマーの会話かわいすぎる)大倉さんの寝顔を写メるヤス君も気になるんだけど、その後ろでひたすらあやとりし続けるヨコヒナ夫婦が気になり過ぎてどうしようもない。しかも誰も突っ込まない。日常風景か。
キャンジャニちゃんが挨拶に来てもそのままやり続けてるし(そしてあやとりしながらでも「カメラあるんだしせっかくだから映してあげたら?」的なことを言う横山さんがすごく横山さん)
あと大倉さんの「ほとんどクマ」「八割方クマ」って台詞がとても好き(笑)
キャンジャニちゃんが歩いてる映像に切り替わってからの、スカート丈を心配されて 「心配してください。穿いてませんよ」なすば子のブレなさ加減が流石だし(すば子の喋り方好きです・笑)メイクさん下手くそって毒吐く丸子も可愛い。

 

【キャンジャニちゃん】
リサイタル収録映像がオーラスじゃない(=キャンジャニバンドが入らない)ことが判明して不貞寝してた&ツアー参加前のネタバレを全力で避けていたので感動もひとしお。
生キャンジャニちゃん可愛かった…!!
まあモニターでアップ抜かれると流石に30代の感じ出てるんですけど(特にすば子は・笑)それも含めて可愛い。
挨拶もそれぞれ特徴が出てて良いんですがなかでも錦子ちゃんの「チャームポイントはこのうさ耳だぴょんっ!」は可愛いが過ぎませんかね!!?
言った後で照れまくるところが更にポイント高。
すば子の美脚とパンチラを存分に堪能できる素晴らしいスカート丈万歳。華麗なターンに視線は釘付け。*5
倉子の挨拶はキャラが確立されてて、これはもう映像化にあたっては一覧で収録していただきたい所存です(笑)

CANDY MY LOVEの女子アイドルな振り付けにキュンキュンするしバリンタンの曲調とキャンジャニちゃんがめっちゃ似合ってて可愛らしくて感動。
MC時の横子の立ち方がちゃんと女の子してて、片足を前にだして後ろ側の足にだけ体重を掛けて手は後ろ手に組んでる時めっちゃ可愛かった。
好きな人語りは村子オンステージが堪らない。漂う昭和感。
怖がる横子・すば子含めて非常に美味しかったです。
それと福岡3日の丸子がめっちゃ可愛かった…!
最初にモニターで抜かれた時からなんだか雰囲気がふわっとしてて可愛いな~と思ったし、調子クルーニーがウケた時リアルに顔が真っ赤になってて丸子かわいいぃ!!ってなりました。

 

【バンド】
バンドしてるエイトって本当に格好良いですよね!(ボキャ貧)
残念ながら音感とか皆無だし音楽的な要素なんて全然わからない人間ですけど音楽を聴くのは好きだし演奏している姿を観るのも好きです。
High Spirits~勝手に仕上がれは絶対にやってくれる筈だと物凄く楽しみにしていて、油断すると泣きそうになるくらいみんな本当に格好良かった。
『K! A! N! J! A! N! I! E! I! G! H! T!』の部分は全力で叫んだ!
周り中ノリノリなあの盛り上がり方めっちゃ楽しい(笑)

Heavenly Psycho(リアレンジVer.)は、この曲に関して自分が何かを言えるとも思ってないんですけど今のエイトだからこそ出来るリアレンジVer.のヘヴンリも大好きです。
音が少しずつ重なって一つのメロディになっていく流れが凄く好きで。
いま一番、もう一度生で聴きたいなぁと思っているのはこの曲かも。

あとはドリフェスで披露したというバンドVer.キング オブ 男!を聴いてみたかったな~という心残りがちょっぴり><

 

【ダンス】
アルバムから期待してたWASABI格好良かったです!
でも印象的だったのはLOVE&KINGのヒップホップ系ダンスかな(笑)
横山さんはカウント取るようなダンスは動きがぎこちない時があるかなぁと思ってるんですけど、流線を描くような動きがしなやかで綺麗だなぁと見惚れるわたし。
そして目が横山さんを追っていてもヤス君が視界に飛び込んでくる率が高くて、その身体全体を使った魅せ方を知ってるダンスに感心します。
ヘドバンでフード被って曲の途中でまた脱ぐの格好良すぎた!

WASABI~韻踏ィ二ティは関ジャニズムのMasterpiece~フロマリ的な流れなのかなと思っていたら途中でトロッコに移動しちゃったのがちょっぴり残念でした。
今回はダンス曲自体が少なめだった気がするし、此処はきっちりダンスを魅せて欲しかったなー。
全体の構成としてもう少しダンス曲が観たかったかなぁという気持ちはあるかも。
ただ逆に関ジャニズムはもうちょっとバンド曲あっても…!という感想を持ったのでバランスって難しいよなぁとは思うんですが。個人の好みもあるし。

 

【衣装】
今回のライブ衣装ではダントツで夏の恋人衣装が好きです。各々の個性を出しつつの真っ白スーツ。
大倉さんとかファーまでついてて完璧ホスト王子様スタイル。
面白いことはして欲しいけど面白い格好をして欲しいとはあんまり思っていない(偶になら楽しいけど)ので、正統派ジャニーズ衣装に滾りました。
キラキラしてて格好良い~v
あとこの衣装の時にマルちゃんが髪の毛を耳にかけるのが!色っぽくてイイ!!

WASABI直前VTRの黒スーツはやっぱり外せない。黒スーツは正義。
それからWASABI~韻踏ィ二ティの赤衣装が和要素も入ってて割と好きでした。
柄×柄ですっごい派手だけど。ド派手なのにはそろそろ慣れてきた(笑)
この衣装はダンスしている時のヤス君とすばさんのシルエットが好みでした~v
あとアンコール時は横山さん黒ぶち眼鏡を掛けて出てくる回が多かったので心臓に悪かったです横山さんの眼鏡姿の破壊力…。

 

【ユニット】

・渇いた花(渋谷&村上)
ステージ上に二人だけが残って、そのままゆる~っとした雰囲気でトークしながら演奏に入って行く流れが凄く好きでした。
音が始まって場に漂うあの空気感は…なんて言えばいいんでしょうか。
緊張感とも違うけど一音も聴き漏らしたくない、というような気配がドーム全体に漂っているみたいな。
とても近い距離で向き合って、御互いにアイコンタクトしながら楽しそうに音を重ね合わせる姿にぐっときました。

・バナナジュース(横山&錦戸)
トランペット&サックスのセッションとかもう本当に、言葉にならないやつ…!!
横山さんのトランペットの音も綺麗に出てたし亮ちゃんは本当に器用ですよね…パンフレットの質問ではぐらかしてたサックスを此処で御披露目しますかっていう。
東京18日は背中合わせでの演奏を披露してくれまして爆発するかと思いました。
わたし背中合わせで楽器を吹く構図が凄く好きみたいでJUKE BOXの横山さん&ヤス君のクラゲ演奏とかめっちゃ見返してる人なので、もう、もう…!!(言葉にできない)

・my store ~可能性を秘めた男たち~(大倉&丸山&安田)
すばひな&よこりょユニットが大人な雰囲気で魅せてくれたのと好対照に可愛さ爆発の大山田ユニット。
ランドセル装備は予想外すぎてやられた…!って感じでした。
もうひたすら楽しい!可愛い!
他の2ユニットが場所固定で動きがなかった分、元気いっぱい動き回る感じが印象に強く残りました。
三人横一列に並んでいる時の振り付けが可愛くてお気に入り。

・LOVE&KING(KING&エイト)
ヒップホップ系ダンスが予想以上に格好良くて沸きました。
でも横山さんはヒップホップ衣装があんまり似合っていなくて逆にキュンとするやつ(笑)
KINGの曲はやっぱり実際に聴く…というかC&Rに参加するのが楽しい!
キング以外のメンバーは基本的にモニターに抜かれないのでバクステが遠い席だと他のメンバーの様子はあんまりわからなかったのと、結果的に通常Ver.は一度しか見られなかった*6ので其処は映像化に期待したいです。

 

【ムービングステージ】
ムビステの登場はJUKE BOXツアーに行けてないので嬉しかった…!
バンド演奏中はバクステ付近の席じゃないと基本的に背中を見る感じになると思うんですが、わたしは演奏中のメンバーの背中を眺めているのも好きでした。
横山さんの足でリズム取ってる姿とかトランペットの設置場所とかも見られたし!
今回、一公演だけアリーナに入れてしかもセンターブロックという奇跡が起きたのでムビステが頭上を通過していくという二度と無いような体験をしました…。
床がスケルトンだからメンバーを真下から見上げる感覚がなんともいえない不思議な感じ。
どの曲の時だったか忘れちゃったんですが横山さんがかなり端っこギリギリの場所からステージ下を覗いていて、その見下ろす目線に思いっきりときめいてしまいました(笑)

 

【気球】
スタンド席に居ると気球ってテンションめっちゃ上がりますね!
席が遠くても勿論とっても楽しいんだけどメンバーが近くまで来てくれるのって、それとは別にやっぱり凄く嬉しい!
横山さんを一人用ブランコに乗せてくれて本当にありがとう御座います。
足を揺らして漕ぐ姿がひたすら可愛くて可愛くて思わず拝みそうになりました…。
メルヘンな演出の似合う34歳最高か(真顔)
名古屋24日公演では雪を降らせる姿に「天使…!!」と心の中で叫ばずにはいられなかったし福岡公演での桜の花吹雪も楽しそうに降らせてた。
最後の方はサービスなのか飽きたのか籠ごとひっくり返してドサドサ落としてましたけど(笑)

ただしどうして気球を途中で降りちゃうのかという一点だけは物申したく…。
これはスタンド席だけど近くで自担を見れるかも…!という期待がバッサリ切られるダメージ大きいんで!正直降りないで欲しかった!!;m;
私にとっての初日だった東京18日はジャニスト君達が来てたから横山さんがバクステ付近で気球を降りたのも紹介の為かと(近寄ってモニターに映してあげてたので)思ってたら、その後の公演でもいつでもセンターで降りてたから元からそういう演出だったんだなと理解してしょんぼり…。
メンステはアリーナ、ムビステはバクステ、気球はスタンドって感じである程度の切り分けしませんか?><

 

【元気が出るSONG】
メンバーひとりひとり手書きの文字で歌詞が出るのが凄くいいな、あったかいなって思いました。
この演出、初日の札幌の時点では無かったんでしたっけ?
セトリ変更もあったみたいだし、常により良いものを届けたいと思ってくれてるのかなぁと嬉しい(でもオモイダマは聴きたかった…!)
歌はナマで聴いても意外と泣きませんでした。
寧ろ胸がじんわり温かくなって微笑んでしまうような、そんな感情だった。

 

【銀テープ】
銀テ自体がどうこうじゃないんですけど、銀テに纏わる経験が楽しかったので書き留めておきます(笑)
下層スタンド席だった日に運良く黒・黄・緑の銀テをGETすることが出来たんですが、そこで斜め後ろの席の方に「あの、横山さん御好きですよね?」と御声を掛けられまして。
その方は亮ちゃんが御好きで黄色の銀テを自分の黒の銀テと交換していただけませんか?という趣旨だったみたいなんですが、話している途中でわたしが黒の銀テも持っていることに気がついたみたいで、「き、綺麗な横山さんあります!!」と。
破れたり折り目がついたりしてないですよっていう意味だったみたいなんですけど「綺麗な横山さん」という表現がツボに入ってしまって噴き出しそうになって大変でした(笑)
銀テに関して色々話を見聞きしていたのでちょっとドキドキしてたりもしたんですけど、ほっこりする出来事で良かったです。

 

 

全然纏められてない気もしますけどわたしの元気が出るライブ感想はこんな感じでした。
十祭・関ジャニズムと参戦してひたすら圧倒されて終わってたんですけど、今回はもうちょっと余裕を持てるかな?なんて思っていたら全く少しもそんなことはありませんでした。
もう観るところがあり過ぎて全然追いつけなかったです。
対象が二次元の場合はとりあえず画面一つの中の出来事に集中していればいい*7ので、こういうところにスキル(?)の無さを感じる…。
だって御本人達が目の前に居るしモニターも何分割もされてるし何処を観てればいいの!!?(°□°)

どうしても一点集中してしまうのでライブ中は基本的に目が横山さんを追ってしまうんですけど、ところどころモニターに抜かれるヤス君の破壊力ハンパない。
エイトを日々布教されていた頃(笑)に家でライブ映像を見せられまくっていた時期から思っていることなんですけど、ヤス君のパフォーマンス力というかライブでの魅せ方というかがホントもう凄いなって!
福岡3日のカメラ目線でバチッとキメた「ついて来いよ」とか安田担じゃなくても腰が砕けるやつ…!!
周り中で悲鳴上がってたし自分でもこんな声出るんだって思うくらい掠れた悲鳴が喉から勝手に飛び出しました(笑)
悲鳴といえば、これも福岡だったと思うんですけどラスト扉が閉まる直前に亮ちゃんがすばさんに抱き付いたシーンも凄かった…!
キャー!っていうよりギャー!って悲鳴が会場中から響き渡っての終演でした(笑)

 

ところで此処数年はGW直前のディスク発売という大型連休引き籠り案件が定番化してますが(笑)大倉さんの件があるから映像化はどうなるんでしょう。
発売はしてくれると信じてますけども…!
オーラス公演以外も収録用機材って入ってるものなのかな…東京公演とかはWSの取材もあるし有りそうな気もするけど。
特典に日替わりVer.とかMC集が入ってるから収録予定日以外の公演ごとの映像も一応は有るのかなぁ。
個人的な希望的としては東京公演のいずれかか、もしくはスタンダードな構成だったという大阪14日公演が収録されたらいいなと思ったりしています。*8
ある意味で特別感のあるオーラスの映像は見てはみたいけど、元気が出るLIVE!!として形に残るのはやっぱり7人揃ってないと!と思うので。
特典でオーラスの様子も見せてくれたら嬉しいなぁ。

*1:リサイタルのは目立ちすぎて無理でした…。

*2:亮ちゃんの分はマルちゃん担当

*3:そもそも当たりませんでしたけどー!

*4:だがしかし初参戦の時はリアルタイムの映像だと気付いてませんでした…。

*5:スポーツ誌にあそこまで堂々とパンチラ抜かれるアイドルは他に類を見ないのでは…ww

*6:名古屋でサンタ、福岡でお猿が登場したのでw

*7:ミュージカルとか舞台関係とかになるとまた別だと思いますが

*8:でも大阪14日だと横山さんの夏の恋人台詞が「すんまへん」な可能性…(笑)